現在の主な弓職はこんな感じ。(対人前提)

▼シャドウブレイド 野生使命意志
使命による火力底上げ、意志による速度特化。その攻撃性と機動力は弓職随一。
防御の手段が乏しいため、いかに素早く立ちまわるかが重要。

▼シャドウウォーカー 野生使命鉄壁
シャブレの速度を防御に変えたもの。
足は遅いがファランクスやインビジブルを駆使し生存率を高める。

▼アビスウォッチャー 野生意志鉄壁
シャブレとウォーカーの特性両方を持つ、物防魔防両方を兼ね備えたタンク弓。
しかし使命の恩恵を受けなくなるデメリットは計り知れない。

▼追跡者 野生使命幻術
フィアー、インサイドなど近づいてきた相手をいなすスキルは豊富。
だがその構成で「追跡者」以外の行動をすると命取りになる。


マンネリ打破と言うか、新たなる弓職を見出すためにある職業に手を出してみた。
それが「狙撃士」である。
狙撃士 野生使命魔法

08ee99e39e786d575700bc95859a738b


コールドトラックでアイスアローを即時化する。
アイスアローの効果は鈍足。つまり、アイスアロー→ショックアローで遠距離気絶+鈍足ができる。
アリーナでそれをやってる人を見て参考にした。

実際にやってみるととても強かった。
相手が気絶で棒立ちになりながらラピファで連携ダメージが入るのだ。
もろい相手ならそれだけでKO。硬い相手でもかなりの優位性になる。

グラディエーターでもやってみた。
コールドトラックを事前に行うと相手はかならずハイドをするが、
先にハイドをさせることのメリットは多いのでそれはそれで良い。
ハイドがない相手だと効果は抜群でとても楽しかった。

確かな手応えを感じ、アリーナにも参加した。



が、

だめ……っ!


・ライフブーストが無くなったため、フルバフでもHP15k。
アリーナで低HPはカモになる。
姿を表した瞬間、相手は戦っている味方を放り出してでも襲ってくる。

・防御手段がない
意志ならスピードスター、鉄壁ならファランクスやインビジなど、
相手の攻撃に対処するスキルがあるが狙撃士にはそれがない。
だから受けに回ってしまったら味方のカットがない限り必ず死ぬ。

・そもそも気絶にさせたからなんだ
一番がこれ。
基本的にアリーナの弓って、誰かがコンボを決めているときのダメージ補助か、
逃げる相手の追い打ちぐらいしか活躍できないので、
自分からWアローで気絶に追い込んでもあまり意味がなかった。
一応、ヒーラーにそれをやると結構な効果が見込めるが、
コールドトラックを唱えた瞬間に相手が飛んできて死ぬ……


それでも試行錯誤して、味方の足を引っ張りまくって、


心がぉれた。。。

HPひくすぎてまっさきに狙われちゃぅんだって。。。
ゥチのことすごいヵモなんだって。。。

ちょぉそげきしたかったのに。。。

今シャドウウォーカーにした。

ファランクスで相手の近接全回避^q^
4人にタゲられた!インビジで囮になるぜーーーー^q^
相手のタゲが変わった!今こそ追撃^q^^q^^q^^q^
相手は死ぬ。自分は死なない。大勝利!!!!

やっぱりシャドウウォーカーでした まる